ダイエットに成功する人の生活習慣

ダイエットに成功する人の生活習慣

●3度の食事をきちんと摂る
空腹によるドカ食いを防ぐためにも1日3食きちんと食べることが大切です。
1日に1食、または2食では、空腹の時間が長くなり、
エネルギーを確保するために、脂質や糖質の吸収率が上がってしまうのです。
例えば、
お相撲さんが体重を増やすための食事回数が一日2回であるように、
これは吸収率を高める食事法と言えます。
また、極度な食事制限は、
飢餓状態を招くため、体の防御反応として、
基礎代謝を下げて、消費カロリーを減らそうとします。
そうなると、太りやすく、痩せにくい体質に変わってしまいます。
痩せてダイエットに成功したように見えても、通常の食事に戻したとたんに、
あっという間に元の体重、
あるいはそれ以上の体重の増加につながってしまいます。
これが、リバウンドの原因となります。
また、

食事回数を減らすことで、便の元になる食べ物が減るので、
便秘にもつながります。
ダイエット中だからこそ、バランスの良い3度の食事が大切になるのです。

 

●寝る3時間前までに食事を済ませる。
カロリー消費が高くなる日中は、
食べたものは効率よくエネルギーとして消費されていきますが、
寝ている間は、エネルギー消費量が減るため、
就寝の3時間前までに食事を済ませないと、
摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまい、
当然太る結果となります。
寝る前に食べると太る!はダイエットの常識と言えます。
また、寝ている時間帯は、
日中に受けた疲労やダメージを回復に向かわせる大切な時間です。
身体の回復には、多くの体内酵素を必要としますが、
食べ物が胃にたくさん残ったままでは、酵素が消化に使われてしまうため、
修復に向かわせるための酵素が不足してしまいます。
充分睡眠を取っているのに、
だるい、疲れやすい、肌がどんよりくすんでいる…
などの不調が現れる原因となります。

老化を防ぐためにも、夜のご飯は控えめにし、
就寝3時間前までに済ませることが大切になるのです。

 

●食物繊維を多く摂る。
食物繊維は、腸内の便に適度な水分を含ませ、排便を促すので、
便秘の解消に効果的です。
食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維:こんにゃく・海藻・果物など
不溶性食物繊維:豆類・穀物類・イモ類・野菜など
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合は、
1:2が理想的と言われ、バランスよく摂取することが大切です。

 

●適度な運動をする。
身体を動かすことで、血行を促進し、
筋肉にも程よい負荷を与えることが出来ます。
また、ストレス解消や便秘の改善にもつながるので、
普段から身体を動かすことを意識しましょう。
簡単なストレッチでも、筋肉をほぐし血行促進につながります。
・一駅前に降りて、一区間歩く。
・歩ける距離なら車を使わない。
・自転車に乗る。
・家事を積極的にする。
小さな心掛けでも、積み重なると大きな運動量になります。
これらに事を意識して生活することが大切です。

 

●身体を温める。
現代女性は、冷え性の方が多いと言われています。
不規則な生活、ストレス、偏った食生活、睡眠不足など、
さまざまな要因が重なることが、冷えの原因となります。
ダイエットにも冷えは大敵!
それは、身体が冷えていると、
血流が悪くなり、代謝が下がるので太りやすくなるからです。
白湯などの温かい飲み物を飲む、ビタミンやミネラルの多い食事を摂る、
発酵食品を多く摂る、などの内面からのケアと、
身体を冷やさないように、露出度の高い服装を避ける、
などといった外面からのケアが大切です。

 

●上手にストレスと付き合う。
過度なストレスは、過食の原因にもなります。
適度な運動や、趣味などでストレスを上手に発散させて、
食事面でも精神面でもバランスを崩さないように気を付けたいものです。
生活習慣や食習慣を見直し、ストレスに強い身体を作りましょう。